会話能力向上 させよう!雑談はネタが大事!盛り上がる秘訣は?!

Back HOME

話し上手になるコツ > 雑談はネタ無しには語れない

雑談はネタ無しには語れない

ネタを作る習慣をつける

話す力をつけるうえで大事なのは、
「ネタを用意しておく」ということです。
話す内容をあらかじめ準備しておくのですね。

面白い話、楽しい話というのは、
当意即妙に作るのはプロでも至難の技です。

お笑い芸人の方でも1分のネタを1日かけて作るという方もいます。 話すのが苦手な方はなおさら準備が必要になるのは 言うまでもありません。

土産話はサービス精神の表れ

話す内容を用意するということは、
ある意味で 相手へのサービス精神 でもあります。
いわゆる「土産話」と言う言葉があります。
皆さんは旅行に行ったとき、友人や上司にお土産を
買ったことがあると思います。

しかし、意識をして「土産話を渡そう」
考えて話す内容を考えている方は
稀なのではないでしょうか。

もし話す内容を準備せずに飲み会や、
会話の席に行く習慣がついている方は、
少し厳しい言い方になってしまいますが、
マナーにかける と言っても言い過ぎではないと思います。
ちょっと厳しいですけどね・・・

会話は協同責任

楽しい会話と言うのは、相手に依存して作るのではなく、
参加する皆の共同責任です。
一人ひとりが1つの話題を土産話として
披露してくれるだけで会話の席はがらっと楽しさが変わります。
この点は、まずは意識することが大事です。

ネタを作るメリット

ネタを作ろうという意識が出ると、
メリットもたくさんあります。

1つ目は 相手を喜ばせようと言う精神が養われる ことです。
相手が楽しんでくれるのはどんな話がいいのかなあ??
と考えること自体が実はとても大事なことです。

2つ目は 自信がつく という点です。
いざ自分が作ったネタで、相手が笑ってくれたり、興味を持って聞いてくれたら、
「自分の会話でも喜んでくれる人がいる」
という自信がついてきます。

そうすると会話をすることが楽しくなり、
楽しくなるとうまく行くことが多いので
さらに会話が楽しくなるという好循環がうまれてきます。

3つ目は 情報収集に関する感度が高まる という点です。

話題を作ろう、皆が喜んでくれる話はないかな?
と考えながら生活をしていくと、様々な情報が
日常生活の中にあることに気がついていきます。
普段見過ごしていた笑える話や、
意外とためになる情報を改めて見つけることもあるでしょう。

このように話題をあらかじめ用意する、
ネタを準備するということは、
話す力を高める上で必須と言っても過言ではありません。

次回は具体的にネタを作るやり方について
お伝えしていきます!

 

(C)2018 Direct Communication