会話のネタ帳にブログを!コミュニケーションを豊かにし、デートやスピーチで役立ちます

Back HOME

話し上手になるコツ > 使えるネタ帖の作り方

使えるネタ帖の作り方

ネタ帖の作り方

今回は人に話す用のネタの作り方です。
題名で迷うところだと思います。
こんなときは同僚や知人から受けそうな
質問を想定するといいでしょう。

例えば
・最近旅行とかしている?
・どこかうまい店あるかなあ?
・最近仕事どう?

とかこんな感じで充分です。
実際にブログに書く際は下のように変換します。

・最近行った伊勢神宮
・ラーメン屋尾道
・新規プロジェクトを任された

という形である程度具体的に書くといいでしょう。

2つのゾーンにわけて書く

その後の書き方についてですが、
起承転結とか、結論先行とか考えるとパニックになると思います。
コツは2つの大きなゾーンに分けて書くことです

1つは5Wゾーン
2つ目は感情・主観ゾーン

です。

**5W客観ゾーンでは**

いつのことか?
登場人物は?
どこであったことか?
なにがあるか?具体的な内容は?
きっかけはなにか?

について記入していきます。
ある程度堅い内容になってもOKです。

**感情・主観ゾーンでは**

何がオススメ情報なのか?
何が面白かったのか?
何が印象に残ったのか?
なににびっくりしたのか?

について考えて書いていきます。
感情主観ゾーンでは「自分の考え」「自分の感情」
をメインに書いていくといいでしょう。

実際の例を見てみよう

具体例

題名
「また伊勢神宮に行きたい!」

**5W客観ゾーン**

先週友人と伊勢神宮に行ってきました。
伊勢神宮は三重県にあるめちゃめちゃ有名な神社で
アマテラスオオミカミという有名な神様が
祭られているらしいです。

いままであまり神社仏閣には興味が
なかったのですが最近妙にはまっています笑

**感情・主観ゾーン**

何が面白かったかというと、境内の参道です。
とてもシンプルな作りになっているのですが、
どこかもののけ姫に出てきそうなワンシーンが続きます。
神社も原始的なんですが、都内の神社にはない形をしていて、
どこか懐かしい感じがしました。

なんだか定期的に行きたくなる
妙な魅力がありましたよ。

・・・・・・・・・・・・・こんな形でいいでしょう。

最終的には文章を見ないで話せるように

書き終わったら、3回音読します。
音読が終わったら、さらに文章を見ないで、
人形や雑誌の表紙の人物に向かって3回話してみます

文書と話し言葉は違うので
自然になるまで何回か練習するといいと思います。

自然に話せたなあ~
とおもったら、いよいよ実践です。
まずは気心しれた方から、お話してみましょう。
結構さくっと話せると思います。

1日1つ文章を書けば話題も豊富に

一度話したねたは、
自分の中に引き出しとして追加されます
1日1つのブログを書いて練習すれば、1年間で365個できます。
3年続ければ1000個できます。これだけあれば話題も豊富で
日常的な雑談で話し手になったときに困ることはかなり少なくなると思います。

上記は初心者用の書き方なので、
慣れてきたら、形に囚われずに自由に書くのもいいでしょう。
皆さんなりの個性ある話がきっと会話を楽しいものにしてくれると思います

個人的には文章を書くことで損することはほとんどなくて、
メリットばかりだと思います。
是非楽しんでブログを書いて、
それを元にして実践的な会話に活用してみてくださいね!

 

(C)2018 Direct Communication