会話力 の向上のポイントは笑顔!社会人として、好印象なコミュニケーションを

Back HOME

好印象になるコツ > 話しながら自然な笑顔を

話しながら自然な笑顔を

笑顔の仕上げ

さて笑顔トレーニングを2週間続けると
段々と顔の筋肉が緩やかになってきて、
柔らかい表情が板についてきます。
以前よりも柔らかい表情にきっとなっているでしょう。

しかし、ただ笑顔はお話ししているときに笑顔が崩れてしまう方も
かなりいらっしゃいます。目指す目標は、
ナチュラルに話している状態で自然な笑顔になることです。

そこで以下のトレーニングを試してみてください。

*挨拶笑顔トレーニング

① 鏡の前に立ちます

② おはよう
こんにちは
おつかれさま
いつもありがとう
ごちそうさまでした

と話してみます

③・歯がしっかり見えているか?
・Vの字ができているか?
・目尻が下がってほほが上がって( )の皺が出てきるか

の3点を確認しましょう

④ OKならこれを10セット繰り返します
1日1回は練習しましょう

*スピーチトレーニング

話上手になるコツ 使えるネタ帖 を思い出してください。
ネタを作ったら何も見ないで話してみる練習があったと
思います。実際に鏡を見ながらお話してみましょう。

このときですが、全て笑顔である必要がありません。
会話の100%が笑顔だと逆にうそ臭くなってしまうので、
満面の笑みは全体の20%程度でも充分です。

ただし特に後半の感情を出す部分ではしっかりと
笑顔を意識してお話してみましょう。
もちろん心から楽しむことも大事です。

あくまで自分の話を楽しむような感覚で、
笑顔で話してみましょう。

全体の20%ぐらいが、
歯を見せる、Vの字、( )の皺ができていればOKです。
特に歯が全然見えないでお話していたら要注意です!
この点は社会人としてはしっかりと
直していくことをオススメします。

 

(C)2018 Direct Communication