初対面で会話がネタ 切れで続かないのはきついかも?返答の仕方がポイント!

Back HOME

会話を続ける方法 > 聴き手のとき20 ~ 30%で返す

聴き手のとき20 ~ 30%で返す

聴き手の時に短文で返していませんか?

「今回は会話を続けるポイントの1つ目について解説します。
まずは自分が聴き手のときを想像して考えてみましょう。
皆さんは聴き手のとき、相手の発言に対して平均どれぐらい返しているでしょうか?

いつも短文になってしまう!という方は要注意です。

皆さんは相手が何か話してくれた後に、
「そうなんだ~・・・シーン」
「へえ~・・・シーン・・・」
「なるほど~・・・シーン・・・

こんな形で会話が終了してしまうことはないでしょうか?
私も以前はそうだったので、気持ちはよくわかるのですが笑

ただもしこういった形で終わってしまうとしたら、 要注意ですね。
これではよほど相手がおしゃべりでない限り、会話はすぐに終わってしまうでしょう。

相手の話に20~30%で返そう!

まずは1つの意識として、
オウム返し、肯定返し、自己開示を使いながら
「相手の話には20~30%で返す」 ということを心がけましょう。

例えば、話し手が以下のように発言してくれたとします。

「先週江ノ島にユミと行ってきたの。
シラスで有名な店に行ったんだけど、
めちゃめちゃ混んでた。

1時間待ちだって!!
平日なのに信じられないよね。

しょうがないから、1時間まったんだけど、
ユミ夏に弱くて、1時間ぐらいしたら
ぐったりしちゃってた笑
ちょっと悪いことしちゃったな。

でもシラスはびっくりするぐらい量があって、
全部食べたらお互い復活したよ。」

と話してくれたとします。
上記ですと、大体30~40秒ぐらいかかります。

これに対しては30%ですので、
10秒ぐらいのリアクションはしてあげるのがマナーです。

「そうなんだ~・・・シーン・・・」
「へえ~・・・シーン・・・」

はしばらく封印して、返しを考えてみましょう!!
皆さんならどのように返しますか?
できればスマフォのストップウオッチなど使って
実際に話してみましょう。

考えたら次のページに進んでください♪

 

(C)2018 Direct Communication