質問力と 考える力 は一緒!?会話上手 になるためには...コミュニケーションスキル を高めよう

Back HOME

会話を続ける方法 > 質問に頼る癖をつけないように

質問に頼る癖をつけないように

ボリュームを持たせた返し方

前回は聴き手のときのリアクションの問題を出させて
頂きました。回答はできましたか?
できたかたは次の回答例を読んでみてください♪

・回答例

「ユミさん炎天下で萎えてたけど、シラスで回復したんだね笑(オウム返し)
 段々復活していく姿がメリハリついてて面白そう!(肯定返し)」

「炎天下で1時間が長いなあ~。でもユミさん復活したんだ!(オウム返し)」
 私も江ノ島行ったときシラス食べまくったよ!
江ノ島=シラスみたいなところあるよね(自己開示)」

これぐらいで10~15秒です!

原則として30%は意識して返すようにしましょう。
もちろん会話の内容によっては、
少なくなるときがあってもOKです。

うまく返せない方は少しずつ量を増やそう

なかなかうまく行かなかった方は、
少しずつリアクションを
増やしていくように心がけましょう。

「そうなんだ~いいね」

しか思い浮かばなかったら、
「いいね」の前か後に、
ヒトコトつけましょう。

「そうなんだ~。復活したみたいでよかったね」
「そうなんだ~。いいね!シラスおいしいよね。」

こんな形で少しづつ言葉を足す練習をしましょう。
意識をしていれば段々と返す量も多くなってきて、
引き出しが多くなってきます。

質問には頼らないようにしよう

また注意点として、質問に頼らないようにしてください。
質問はとても便利で、相手に話をふることで、自分のリアクションを
回避することができます。

しかし、質問に頼る癖をつけてしまうと、
いつまでたっても返しのスキルが身につきません。
質問はリアクションをした後にする!!
ということをしっかり心がけて
相手の話を聴くようにしましょう。

 

(C)2018 Direct Communication