モテる会話 で女性の好感度upに!話題を上手につなげるコツ

Back HOME

会話を続ける方法 > 話題を少しだけ変えて続ける

話題を少しだけ変えて続ける

話題を選択法で会話が続く

皆さんは会話をしていて、話題がないと困ったことはありませんか?
前回も学びましたが、以下の話題ぐらいは暗記しておきましょう。

話題の暗記が終わったら、次のステップとして
話題選択法を覚えておくと便利です。

話題選択法 とは会話の中で出てきた名詞を
ストックしながら話題を選択していく方法です。

名詞から次の話題を連想しよう

例えば初対面の男女の
こんな会話があったとしましょう。

*************段階1***************

男性:山田君
「そういえば鈴木さんの趣味はなんですか?」
女性:鈴木さん
「趣味は最近ですとフラダンスにはまっていますよ。」

*******************************

・解説
単純な会話です。このとき、話題としては、
「フラダンス」と言う名詞が出てきました。

会話は進んで行くと、かなりの確率で
新しい名詞が出てくるという性質があります。

もし話題に困ったら、相手の話に出てきた名詞を参考にしながら
会話を展開していくといいでしょう。

*************段階2***************

山田さんの返し方の例としては
「フラダンスですか!皆笑顔で楽しそうに踊っているイメージがあります。
 いつぐらいからはじめているのですか?」

鈴木さん
「もう3年になりますよ!!はじめて行ったのが、
 千葉のスタジオだったのですが、インストラクターの先生が
 とても親しみやすくて、それ以来通ってしまいました」

 

*******************************

 

・解説
このようにフラダンスに関する質問をして
鈴木さんの発話を促すと良いでしょう。

さてさて会話が進んで行くと、
さらに使えそうな話題が出てきました。

「趣味」「笑顔」「3年」「フラダンス」
「千葉」「スタジオ」「インストラクター」

ちょっと会話を進めていくだけで、実はこんなに話題が出ているのです。
次の話題についてはこの6つを活かしながら展開していくといいでしょう。

ちなみに今回の例だと
山田君の質問が2回続いてしまっています。
質問ばかりしていると尋問になってしまうので、
自己開示法を使って自分から話してみましょう

*************段階3***************
山田さん
(趣味の話題で自己開示)
「いい先生にめぐり合うと、習い事は続きますよね。
 私は習い事ですと、ゴスペルをやっていたことがあります。
 実はオンチなんでが笑 でも集団で歌うと誤魔かせるので、
 結構思いっきり歌っていましたよ」

(笑顔の話題で自己開示)
「いい先生にめぐり合うと、習い事は続きますよね。
鈴木さんいつも笑顔がステキですよね。フラダンスやっているからかあ。
実は自分笑顔が結構苦手で、暗い表情気にしているんですよね。
僕もフラやってみようかな笑」

*******************************

解説
こんな形でいいでしょう。

まとめると、
会話の中では様々な名詞が出てきます。話題に困ったら、
いままで自分が話した名詞、相手が話してくれた名詞を参考にしながら
話題を進めていく
といいでしょう。

会話を続けるコツについてはひとまず
この6回目のコラムでいったん一区切りにします。
皆さんの日常的なコミュニケーションのお役に立てたなら幸いです!

 

(C)2018 Direct Communication