視線は少しそらす事が、心理的に良いかも?!苦手な人には朗報?

Back HOME

アイコンタクトのとり方 > 聴き手の時は30%程度目を見る

聴き手の時は30%程度目を見る

アイコンタクトは基本みんな苦手?

日本人は総じて目を合わせて話すのが苦手だと言えます。
私自身も昔は目を合わせて話すのがとても苦手でした。

昔喫茶店でバイトをしていたときは
「店長から川島さんは目を見て話さないですね。」
と注意されたこともあります。
いやあ。。。シャイなんですいません。

さてさて、アイコンタクトは社会心理学的にも
わりとホットなテーマで研究が盛んです。
今回のコラムはアイコンタクトをテーマに解説していきます。

聞き手のときは30%は目を見る

まず基本として抑えておきたいのが
聴き手のときの目線です。
聴き手のときはなるべく相手の目をみるようにしましょう。

目安は 全体の30%程度 です。
相手が話しているときに目を見ていないと、
話し手からすると話をきいているの?
という気分になってしまいます。

ただし、全て見れば言いと言うものではなく、
目安は30%程度で充分です。

凝視は禁物

30%以上になってくると、
凝視されている気分になって、
話し手はちょっと落ち着かなくてなってきます。
適度に目線をはずす配慮も必要になってきます。

あとは、手元のコップに目をやったり、
鼻のあたりをぼやっと見ていればOKです。

からだの向きは絶えず相手に

注意点として、目線をはずしているときでも、
「体の向き」は相手に合わせるように気をつけてください。

体の向きまで別の方向を見てしまうと、
かなり不自然になってしまいます。
目を合わせるのが苦手な方もせめて体の向きだけは
相手に向けるように気をつけましょう。

 

(C)2018 Direct Communication