初対面の女の子や男の子同士で 仲良くなる 方法 は間のとり方にあるかも?

Back HOME

間のとり方 > 間について考えてみましょう

間について考えてみましょう

会話をしていると「間」が空くことがあります。
初対面の方と30分ぐらい一生懸命はなしていたら突然間が開いたら、
きまづい・・・なんとかしなきゃ・・・と思うものです。

人間って不思議ですね。
間が開いて嫌な感じを受ける生物って、言葉のコミュニケーションを活発にする人間ならではの悩みだと思います。
でももしかたら動物同士も気まずい間とかあったりするんですかね?
誰か調べてわかったら教えてください。

さてさて今回は間をテーマに考えていきましょう。

 

間が怖いのは初期の段階

きまずい間という言葉がありますね。
人間関係においては特に初期の段階に会話が止まると
不快感を持つという性質があります。

仲が良い方とは間が開いても心地よいものですが、
まだあまりお互いのことをよく知らない段階で会話が止まると、
気まずい!と感じてあせってしまう のですね。

こういったときはその感情に任せて、
がんばって会話を始めたいものです。

特に会話の初期の段階での間をとてもきまずい
と感じることは極めて自然なことなので、
その感情を2人の仲をよくするためのサインだと思って
お話をがんばってしてみましょう。

良い間と悪い間の違いを知ろう

しかしながら全ての会話において
「間」が良くないのかと言うととそういうわけでもありません。
会話の中には良い間も存在します。

間を取ったり、取らなかったりすることは、
ちょっと難しいので中級者向けの理論となりますが、
よりレベルアップするためにうまくなっていきたいものです。

そこで次回のコラムでは「間」
の種類と、対応について解説していきます!

 
 

(C)2018 Direct Communication