会話が途切れない方法は?沈黙は初対面には不利!コミュニケーションスキルを高めて会話上手に♪

Back HOME

間のとり方 > 悪い間とは

「悪い間とは

今回は悪い間について解説していきます。
まず1つ目になるべく回避したいのが、
前回もお伝えした初期段階での長い間です。

初期段階の15秒以上の間

はじめの頃のコミュニケーションはお互いの情報がまだ分からないため、
間が開いて沈黙になると「お互いのことがよくわからない」
状態になります。

そのため、間が開かないようになんとか話す姿勢を
持つことが大事になるでしょう。
目安は15秒です。喫茶店などで会話をすることがメインな場に
いるときに15秒以上間が空くと現実問題、
コミュニケーションとしてはあまりうまく行っていないと
言っていいでしょう。

この点は気をつけてください。

質問切れの間はつくらないように

2つ目の回避したいのが、質問切れによる間です。

特に会話において、お互いの自己開示や話のネタが不足していると、
お互い 「お前が話せよ!」状態になり、質問大合戦 になってしまいます。

しかし、質問をお互いしまくっていると段々
お互い尋問しているような気分になってくるので、
段々と質問すること自体が苦痛になってきます。

そしてあるときお互いが沈黙してしまう・・・
これが質問切れによる間です。

ボリュームを持たせて話そう

これを回避するには、お互いのある程度の話すボリュームが必要になります。
いままでの会話トレーニングで学んだ、オウム返し、自己開示、自分へ質問、ネタ帖 「て」「で」「そんでもって」を使いながら質問を控えてなるべくたくさんお話しましょう!

質問切れによる間は表面的な会話でよく起こるので
もしこういった自体になりやすい方は、
いままでの知識をしっかり学んでください。

(ちょっと宣伝になってしまいますが、講座にいらっしゃることも1つの手です)

興味無し!の間もNG

3つ目に回避したい間は
「興味なし!の間」です。

これはそもそも論で、お互いに興味がないために起こる間です。
会話は相手に興味が無いと質問しようとか、
相手に話そうとは思えないものです。

そのため、興味なし!の間が開きやすい方は、
自分の心のあり方を改善する必要
があるかもしれません。

相手へ興味を持つには、自分の知らない情報を知ることが
とても得することが多いと実感することです。
人間はそれぞれ違った人生を歩んでいます。
それぞれ自分の知らない世界や、面白い情報をたくさん持っています。

そういった面白い情報をゲットして、
自分の話題にしちゃえ!!というぐらいアグレッシブになると、
会話は楽しくなってきます。

私ですが、話題は他人から仕入れて、
結構それを別の方に使ってしまったりしています笑
面白い話題は皆で共有したいですしね♪

さてさて、今回は回避したい間として、
「初期段階の間」「質問切れの間」「興味なし!の間」
について学習しました。

次回は逆に、「良い間」の取り方について学習していきます。

 
 

(C)2018 Direct Communication